新しいビジネスモデルの提案|株式会社 アメータ トイレから始まる新しいビジネスモデル

新しいビジネスモデルの提案
【ビルメンテナンス業界】

  • TOP
  • 新しいビジネスモデルの提案【ビルメンテナンス業界】

ビルメンテナンス業界の皆様。ビジネスモデルの提案です。 ビルメンテナンス業界の皆様。ビジネスモデルの提案です。

ビルメンテナンス業界の皆様。ビジネスモデルの提案です。
ビル清掃の中でも壁・窓・床の清掃とトイレの清掃は分けて考えましょう!

ビル全般の管理を行うビルメンテナンス業界の皆様。「トイレの清掃」を変えるだけで、お客様との関係が変わります!

お客様が毎日使う場所で、変化にも気づきやすい場所です。
ビル全体のトイレ施設に対して、アプローチができます。
通常の定期清掃契約+トイレ設備の業務で御社の収益が変わります。

導入イメージ

これまで

定期清掃業務

トイレは特に目につきやすいので
クレームやリクエストの多い。

しかし、通常の洗剤で洗浄。
配管のつまりや汚れ・臭気などあらゆる苦情も全部寄せられる。

しかし、対応しても実務費用は回収できない

問題点

業務範囲外のことまで対応し、スタッフには不満が蓄積。

クライアントも改善されないので、ストレスがかかる。
場合によってはオーナーや管理会社へクレームも

導入後イメージ

定期清掃業務

ビル全体の管理

定期清掃
ガラス・外壁清掃
防虫・消毒
屋上・排水溝などの清掃

の従来の清掃範囲でしっかり対応

トイレの清掃

ビル内のトイレすべてに汚れ予防機器の設置

通常の清掃業務の際に

・薬剤の充填・交換
・清掃時も専用薬剤で清掃のため、しつこい汚れも対応

収益モデル比較

これまで

・定期清掃

導入後

・定期清掃
+トイレ用機器のレンタル費用
+消耗品の費用
⇒ビル全体のトレイ施設を想定できます


業務内で+要素の収益UP さらに本来必要ないクレームの対応も減ります!

製品に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

製品に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にお問い合わせください。